Scottish Fold

(スコティッシュ・フォールド)

(短毛・長毛猫)

 

スコティッシュフォールドのその歴史は、1961年にスコットランドの中部に位置するテイサイドという地域の農家に生まれた一匹の白猫に始まりました

 

スージーと名付けられていたこの雌猫は、この農場に生まれた他の猫らと違い、その誕生からどれだけの月日が流れても耳が立たないままでした

 

成長したスージーはやがて1963年に至って複数の子を産みました。そしてそれらの子猫の中にスージーのそれと同様の折れ耳を持つ個体が発見され、

 

この特有の折れ耳が遺伝するものであるということが確認されました。

 


性格

 

のんびりとして 穏やかな性格で 見知らぬ人間に甘えてゆくほどに人懐っこく、人間と一緒にいるのが大好きで、とても遊び好きの子が多いです。


被毛

 

スコティッシュフォールドには短毛種と長毛種とがいます。 長毛種には「ハイランドフォールド」あるいは「ロングヘアフォールド」とよばれています。

 

毛色にはあらゆるものがあり、 ビロードのごとく柔らかな手触りにして厚みをあります。

 

一般的には首の周りのそれが少しばかり長めとなっています。

 

長毛種のハイランドフォールドは、長毛の遺伝子は短毛のそれに対して劣性であるため、短毛種に比べて、「出会えれば幸運」と言われるほどに希少です。

 


Male

Name:シャオ君

ACFA グランド チャンピオン


Name:モモ君

 ロングへヘアー

ACFA チャンピオン

Name:次郎君

 ロングへヘヤー 

ACFA チャンピオン


Name:ぼく君

ACFA チャンピオン

 




Female

Name:松子ちゃん

毛色:レッドタビー

 

 

Name:エリザベス

毛色:ダイリュート・キャリコ

ACFA チャンピオン

 

Name:幸子

毛色:クリーム タビー 

バン